実印を用いて行う取引

実印イメージ

契約時にサインでは無く、印鑑を用いる日本では、本人証明のために印鑑を使用します。

印鑑社会で本人を確認するための最高手段に用いられる印鑑は、戸籍などとともに市区町村役所に個人証明として登録されます。
こうして登録された印鑑の事を「実印」といいます。

実印を使うケースには、不動産関係の取引や数百万から数千万円単位の大口売買があり、契約を行うのが契約者本人であることを書面に残すため用いられます。
実印を用いて行う取引には、さまざまな権利書や証明書が必要となり、実印は契約締結に大きな割合を占めます。
そのため、実印は極めて重要なものであり、法的にも強い規則が存在します。

そのため、同じ印影の印鑑が、実印として使われるのは問題になります。
ですから、実印は印鑑職人の手で、一つ一つ手彫りしてもらわなくてはなりません。

このとき、印影を彫るための印材を選ぶことになりますが、手彫りの印鑑は値が張るため、人生で一回限りの購入になると思います。
なので、印材には高級素材が選ばれることが多いようです。

印材として有名かつ人気の高い象牙は、印材の中でも稀少価値が高いもので、素材がよくなればなるほど稀少性が高まります。
部位や厚みによって印材のキメや粗さが異なり、採取の仕方によっても模様が変わったりします。

また、縁起が良いとされる印材としてもよく用いられるため、象牙は持つ人の運気の周りを良くする印材だとも言われています。
実印を持つときは印材も十分に考えて購入して下さい。

〔ちょっとした雑学として〕

引用:

皆さん、印鑑とはんこの違いってわかりますか。
実印や銀行印は印鑑で、はんこはシヤチハタや認め印なのかなとか、印鑑もはんこも同じで、言い方が違うだけじゃないという人が、多いのではないかと思います。
また、このような形で、印鑑とはんこを使用した事がありませんか。

リンク先:印鑑とはんこの違い

ページの先頭へ