転勤をきっかけに

不動産イメージ

転勤をきっかけに実家から離れ一人暮らしを始めるので、思い切って1戸建てを買おうと不動産屋さんを訪れたときのことでした。
今度、契約の際に印鑑登録証明を持ってきてくださいといわれ、当時は実印や契約のことなんて何も分からなからず、思わず戸惑ってしまいました。

印鑑って宅配便の荷物を受け取るときの三文判や、せいぜい銀行の口座を作るときに使う届出印くらいしか知らなかったので、必死になって実印や印鑑登録について調べました。

実印とは印鑑登録証明を済ませた印鑑を指し、その印鑑を市区町村の役所に登録しなければならないそうで、印鑑登録証明書とは、登録されている印鑑が、間違いなく市区町村の役所に登録されているものであることを証明するためのものだそうです。
主に不動産・マンションの売買や自動車の収得の際に使う大変重要な証明書だそうです。

そこで、家を買う時に「印鑑登録証明書を持ってきてください」と言われたのは、物件の売買の契約時に「自分であること」の証明が必要だったからだとわかりました。

さらに登録できる印鑑が、三文判では市区町村の役所には認められないことがわかったので、あわてて実印をつくりに印鑑屋さんに行きました。
そうしたら実印というものは、自分だけのオリジナルの印鑑を彫った方がだれでも入手できる既製品よりいいと言われ、三文判では勝手に印鑑登録を変更されたり、知らない契約を結ばれる可能性だってあるのだと教えてもらいました。

今となっては恥ずかしすぎる話なのですが、当時は実印のことなど全く分からず、必要性があって初めて実印のことを知りました。

〔同じ苗字でも個性を出す〕

引用:

私は一般的なよくある苗字の人間なので、他の人とよくかぶってしまうため、個性を出すためにはんこの文字体に凝って作ってもらいました。
回覧用なので、あまり気張らず、ちょっとポップな文字なのです。
ある日、ご近所さんに「かわいいはんこを使っていますよね。
どこで買ったんですか?」と言われました。 上機嫌になっちゃいました。

リンク先:私と印鑑

ページの先頭へ